>  > 自分だけの問題じゃないからこそ

自分だけの問題じゃないからこそ

自分のために楽しむのが風俗ではありますけど、どんな時間になるのかは自分だけで作るものではないのも事実ですよね。相手の風俗嬢と、どういった時間にすべきなのか。それを考えることもまた、大切になってくるんじゃないかなって思います。だからこそ、相手との距離感というか、コミュニケーションはとても大切ですよね。特に風俗嬢だって、風俗嬢である前に一人の女の子なんです。仕事だからって言っても、やっぱり緊張していたり人見知りになってしまったりではその力を思う存分発揮出来ている訳ではないので、魅力そのものも半減しちゃうかもしれないじゃないですか。それは本当にもったいないことだと思うので、風俗を楽しむ時には、相手の女の子との距離感もまた、それなりに大切にすべきなのかなって思うようになりましたよね。むしろその気持ちをしっかりと持ってあげることによって、相手の女の子の気持ちも多少なりとも違うものになるんじゃないかなって。

限界突破。それがテーマの一日でした

あの日の風俗は自分にテーマを設けていました。それは「限界突破」です。最近のスマートフォンのアプリのおかげで限界突破っていう言葉もよく使われるようになっていると思うんですけど、自分の風俗での限界を突破したい。そんな気持ちがあったんですよ(笑)いつも風俗では出せて二発。時間的な問題もありますし、体力的な問題もあるでしょう。でも、この限界を突破してみたいって思ったんです。だから限界突破出来るような風俗嬢を選んだんですよ。相手はJちゃんというテクニックを売りにした風俗嬢。かといってビジュアルが劣るとかではありません。ビジュアルとテクニックを両立している、かなり上玉だと思われる風俗嬢を指名してみたんです。そして、彼女との一戦を楽しませてもらいましたけど、見事に三発。限界突破出来たので、それだけでも嬉しかったですけど、義務で抜いたのではなく、毎回快感を覚えつつの発射になったのでとっても楽しめましたよ。

[ 2017-07-17 ]

カテゴリ: 風俗体験談